ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

傘を置き忘れて雨に打たれてよかった。マインドフルに生きるための4つのステップRAINに愛着がわいた。

おはようございます。

いきなりなんですが、昨日雨にうたれてしまいました。

夕方から雨という予報だったので、朝から傘を持ち歩いてたのですが、夕方に入ったジムに傘を忘れてしまいました。

帰宅途中で雨が降り始め、「あそこまで持ち歩いたのに、なんで肝心な時に忘れるんだ?」ってちょっと悲しい気持ちに。

 

そこで、よかった探しをしてて思いついたのが、お気に入りのネガティブな感情を切り替える方法を、まとめるチャンスというものでした。

傘忘れてへこんでよかった!

 

というわけで、今日はその方法を簡単に紹介します。

(詳しくはまた次回書きます)

 

その方法とは、RAINの頭文字にしたがって4つの行動をしてみるってことです。

例として、怒りの感情に捉われそうになったときでみると、

①Recognize(怒りが起きていることを認識する)

②Accept(怒りが起きているという事実を受け入れる)

③Investigate(怒ったとき身体に何が起きているかを検証する)

④Non-Identification(怒りと自分を同一視せず、距離を取る)

イェール大学発「怒りを消し、自分を見失わなくする方法」とは?|10万部突破の「マインドフルネス本」著者インタビュー | クーリエ・ジャポン

 

かなりすっきりまとめられています。

マインドフルネスも、認知行動療法も、よかった探しも、これとおんなじようなことをしていると思います。

おそらく皆さんも、自然とやられているかもしれません。

  

そして、何より、RAIN(雨)という語呂が素敵。

綺麗な雨に打たれてネガティブな感情で一杯の頭を、すっきりさせてくれそうです。

 

みなさんも、雨に打たれたりして、ネガティブな感情がわいたとき、RAINを試してみてはいかがでしょうか?

 

(30分 735字)