ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

彼女とコミュニケーションが上手くいかなくてよかった。自分の気持ちや考えを明確にして、伝えやすくる「私メッセージ」をまとめることができた。

こんばんは。

昨日、彼女とコミュニケーションが上手くいかず、イラっとしてしまいました。。。

つい、彼女の言葉にたいして「意味がわからない」と強く言ってしまって、彼女はだんまり。

その後、フォローしようとするも上手くいかず、余計お互い疲れてしまうことに。。。

幸い仲直りはできましたが、どうすればよかったのでしょうか。

どう思われますか?

 

その答えの一つに、Iメッセージ(私メッセージ)があると思います。

今日は、そんな内容です。

 

 

私メッセージとは「私」のある表現のこと

私メッセージとは、よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 (こころのクスリBOOKS)によると、「私」のある表現のことです。

つまり、「自分の気持ちや考えが明確に言葉で示されているメッセージ」と理解しています。

たとえば、「急げ!」を私メッセージにすると「私はあなたに急いでもらいたいと思っています」などになります。

では、「間違ってる!」はどうなると思いますか?

「私の考えはあなたの考えと少し違います」のように、言い換えることができますよね。

他にも、「にらまれた!」は「私はあなたににらまれたと思った」のようにもなります。

 

「私メッセージ」を繰り返し使うと、自分の気持ちや考えが明確になっていく

前述の本では、まずは一人言でもいいので、先ほどのように「私」をつけて話すことを勧めています。

すると、こんなことがわかったりするそう。

  • 相手を都合のいいように動かしたい気持ちがあって、その押しつけがあることがわかる
  • 自分の受け取り方や気持ちを相手のせいにしていることに気づく

先の例だと、「間違っていると伝えて意見を変えさせたい」とか「気分が悪くなったのは、にらまれたからで、相手が悪い」というようことだと思います。

 

相手のせいにせず伝えられるので、相手に伝わりやすくなる

そして、私メッセージで自分の気持ちや考えが明確になると、伝え方も変わるので相手にも理解してもらいやすくなるそうです。

 

相手に「イライラさせられた」とか「気分を害された」のではなく、そのような気持ちを起こしているのは自分だと分かります。

すると、それを相手のせいにせず伝えられるので、相手に伝わりやすくなるのです。

P80 

よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 (こころのクスリBOOKS)

よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 (こころのクスリBOOKS)

 

 

 

今回と同じようなことがあればどうする?

今回、僕は彼女に「意味わからない」って伝えました。

しかし、それは相手に「お前の説明が悪い!!」と伝えているようなもの。。。

昨日は非難の気持ちがあったと思います。同時に自分が正しいという気持ちも。。。

反省です。

 

実際、彼女は否定されていると感じ、何も言えなくなってしまったとのことです。

ADHDだし、せっかちだし、つい言葉を省いてしまうのも仕方がないかもしれません。

けど、やっぱり仲良くくらしたい。

だから、僕はこれから「私」のある表現をします!!

「僕は今、これから出発するし、ちょっといそいでいます。考える余裕がなくて、理解あまりできないです。そのことは、また帰ってからでいい?」みたいに。

 

実は今回、私メッセージを使っていました。

しかし、遅かったし微妙な使い方だったのです。

というのは、「意味わからない」って伝えたあとで彼女がだんまりしたので、そこで初めて私メッセージを使ったのです。

「私はイライラしています」と。

色々残念でした。。。

 

まとめ

  • 私メッセージを使うと自分の気持ちや考えが明確になる
  • 相手のせいにせずに伝えられるので、伝わりやすくなる

 

コミュニケーションが上手くいかない。

そんなときは、「私」という単語から話しはじめてみるのはいかがでしょうか?