ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

企業分析が上手くいかなくて仕事ができないと悲しくなってよかった。自分の思考のクセに気づけた。

こんばんは。

このごろ、就職に関して焦りがでているよってんです。

 

企業分析がうまくいかない。

というか、何を比較するのかよく分からない。

比較する点を決めたと思っても、そもそもの意味はなに?目的はなに?

この作業をやることで目的が達成できるの?達成に近づくの?

他にいい方法はないの?

 

そういうものが気になって、なかなか進みません。

予定ではもう終わっているはずだったのですが。

目的も決めたと思ったのですが、すぐ考えを忘れるし、ぶれてしまいます。

 

また、以前の仕事で報告書を作成したときに、同じように目的が分からず進まなくて、ひどい出来で迷惑をかけたという記憶がよみがえります。

なので、「今回もできないのか?やっぱり自分は仕事ができない。ダメなヤツだ。このままだと就職できないじゃないか?」

と落ち込んでしまいます。

 

 

では、よかった点は?

  • ブログのネタになった。
  • 同じような悩みを持つ人に共感できる。
  • また、どこで悩んで、つまづくかを実体験をもって理解できる。
  • この問題と解決策と結果を記録に残せば、同じ悩みを抱える人の役にたてる。
  • 自分の思考のクセに気づけてよかった。
  • 完璧思考
    (他のベストな方法を求めすぎると完璧思考になって進まない。60点でよい。)
    白黒思考
    (予定どおり終わらないからといって、すべて失敗ではない。進んだ部分もある)
    過度の一般化
    (以前ダメだったし、今回もこれからもダメ。っていうわけではない)
    (企業分析が進まないからって、仕事が全くできないというわけではない)
    悲観的
    (企業分析うまくいかないから就職できないってわけではない)

大分、マシになりました。

 

慣れないことだし、上手く行かないのはある意味あたりまえです。

今後、やり方を学んでいけばいいだけ。

仕事つく前に練習できてよかった!