ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

ジムに通うことを決断できてよかった。今後も決断して、自己肯定感やわくわくを高めていこうと思えた。

おはようございます。

決断するのが苦手なよってんです。

そんな自分が、先日ジムに行くことを決断できました。

えらい!!

 

というわけで、今日はその振り返りを行って、今後もどんどん決断して行動し続けるためのポイントを探ってみます。

 

要因をあげてみる

とりあえず、ジムを決めることができた要因をあげてみます。

  • プールで泳ぎたかったから
  • 痩せたいから
  • 身体を動かしてすっきりしたいとおもったから
  • 体力をつけたいと思ったから
  • 目標を達成して達成感を味わいたいとおもったから
  • 決断すると自己肯定感があがると以前経験したから
  • 決断力をあげたいと思ったから
  • 決断することの楽しさに目を向けたから

     

    awawa-min-ahaha.hatenablog.com

     

  • よかった探しがあるし失敗してもOK。やってみて、やっぱりやめようと思ってもOKって思ったから。
  • 一生続けるのではなくて、3か月間だけやってみようと決めたから。
  • ここのところお菓子やジュースを平均で日に2個くらいたべてた。それは月に換算すると9000円くらい。だったら、そのお金を先にジムに払ってしまえば、健康的だし、体力もつくし、自信もつくし、運動してすっきりするし、いいことだらけと気付いたから。
  • 身体を動かすのが好きだから。

 

いろいろ出てきました。

こういうふうにあげていくと、「自分ってよい所あるじゃないか」って思えてくるから不思議です。(笑)

 

 

やる期間を決める。全部をやり続けなくてもいい。やり続けるのは数個でいい。

自分の中で重要だなぁって思うのは、3か月と期間を決めたことだったかもしれません。

自分は「一度始めたらやり続けるべきだ」と考えています。

そして飽き性でもあるので「続けられない自分はダメだ」と思ってしまうクセがあります。

だからこそ、「自分が完璧に納得できて続けられるものをやるべき」という想いがあります。

結果、なかなか決められません。。。

 

たしかに、「一度始めたらやり続けるべき」という考えは素晴らしいし、それがあるおかげで、以前の仕事もまがりなりに数年つづいたのだと思います。

専門家になって人の役にたちたいという思いもあるので、続けることは技術を身につけるうえでメリットです。

また、今は長年続けられるような生き方・働き方を探していますが、それも、その考えがあるおかげだと思います。

 

ただ、そのクセが行き過ぎると、全部やりつづけなくてはいけなくなってしまいます。

当たり前なんですが、人の時間も労力も有限だし、周りの状況も環境も変わるし、全てのことをやり続けることはできません。

たとえば、走り続けると決めたからといって、ケガをしても走ったら、どんどんケガが悪化してしまいますよね。

 

だから、全部どんな状況でもやり続けようとしないで、1つか2つ、本当に大切なモノをやり続けたらいいのではないかなぁ~って思います。

 

行動

即決して行動して楽しむため、今後ためしてみたいことは、

  1. 決断することの楽しさに関する記事を3つ読み返して、決断する時のコツや手順をまとめる。

  2. ほんとうにやりたいこと、続けたいことを3つあげる。それ以外は別に続けても続けなくてもいいと自分にいう。

  3. 決断力に関する本を図書館で予約する。

    決断力 (角川oneテーマ21)

    決断力の磨き方 (仕事の教科書BOOKS)

    直観力
    など

  4. 本屋で決断力に関する本をさらっと立ち読みしてみる

  5. 決断力をあげたくなるような、決断したくなるような記事をかく

  6. はてなブログで決断力を検索してみる

  7. 自分が決断力がにぶるシチュエーションをまとめる。そして対策をたてる。

 

まずは、決断力に関する本を図書館で予約しました!

(ネットで頼めるから京都市立図書館便利!)