ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

ひきこもる自分を苦しく思ってしまってよかった。優しい好奇心を持って聴く練習ができた。

おはようございます。

嫌なことがあったり辛いことがあると、ひきこもるクセがあるよってんです。

そして、今朝も、先日ひきこもってしまった事にため息を吐いて、苦しくなってました。

 

 

というわけで、読みだしたのが、

やめられない!ぐらいスゴイ 続ける技術

 

以前、ひきこもった時に、対策としてこの本を読んでワークをやるって決めてたので。

忘れてました。。。思いだせてよかった!

そのワークは今度やるとして、今日はちょっと疑問に思ったことがあります。

 

 

それは、軽々しく「ひきこもる」って言ってるんですが、一体どういう状態?ってことです。

他にも色々ありますが、今後は、それらの疑問を少しづつ考えて、ひきこもりがちな自分と付き合っていきたいです。

 

ひきこもる自分も、まぎれもない自分。

否定をしても変わらないし、もし急にひきこもらなくなったらそれは自分ではない、気がする。

10年以上そんなクセがあるし、もはや、アイデンティティー?

なので、ぼちぼちとやっていこうと思います。

 

自分を受け入れられてよかった!!

 

 

さて、今、気になってることといえば、

  • 自分の中で、「ひきこもる」って、一体どういう状態?
  • なんで、ひきこもるの?
  • どんなメリットとデメリットがあるの?
  • どんなところが好きで、ひきこもるの?
  • 大学時代から引きこもりはじめたが、その魅力とは?得た学びとは?
  • ひきこもった経験、ひきこもるクセを育てたりしたら自分だけの強みになりそうな気がしている。どう活かせる?どんなことができるか?どんな風に活かしていきたいか?

 

書いてるうちに、楽しくなってきました。

そして、だいぶ楽になってます。

 

それは、たぶん、優しい好奇心を持って、自分の心の声を聴いてみたからだと思います。

そうすることで、さらに、自分を受け入れることができたのかも。

 

今日はそれに気づけて、よかった!

これは、自分だけでなく他の人と付き合うときにも大切なこと。

その練習ができてよかった!