ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

発声トレーング講座に参加してよかった。トレーニングすると、朝気持ちよく目が覚めて、人と話すのが楽しみになった。

おはようございます!(お腹から出した息に音をのせるイメージで)

自分の声があまり好きではない、よってんです。

 

僕の声に関する悩み、いろいろありますが一番は

「もうすこし通る声なら自信をもって人前で話せるのに!」です。

 

僕は居酒屋なんかで店員さんに呼びかけるとき、大抵気づかれないです。

なのでちゃんと声が届くか不安になります。

今度、陽転思考体験会を開催し人前で話すので、なおさらです。

 

他にもこんなふうに悩みはないですか?

たとえば、

  • しっかり話せって注意されたことはないですか?
    注意されて、また怒られると思うと身体が縮こまって、さらに声がちいさくなる。
  • 滑舌が悪くて、よく聞きかえされる。だから話が進まないし、理解してもらえない。

そういった状況を変えられるのなら変えたくないですか?

コミュニケーション上手になって、人づきあいがよくなりたくないですか?

説得力のある声になって、仕事で成果を出したくないですか?

一生使う自分の声、どうせなら大好きになりたくないですか?

声をだすたびに楽しくて、だからこそ人前で話したくなる、そんな風になりたくないですか?

 

はい、なりたいです!

というわけで、6月2日(土)に「和田式 人を動かす発声トレーニング集中講座」に参加してきました。

そんな今日の内容です。

ざっくりした説明ですが、これをきっかけに、自分の声を好きになることができる!と気づいていただけたら嬉しいです。

 

 

 

講座の感想

色々ありますが、一言でいうと、とっても良かったです。

声に関する説明とトレーニング方法が具体的でわかりやすく、やる気になる内容でした。

  • 発声において、リラックスすることの大切さ、声が通る姿勢を作る大切さ、そのための方法など。

  • 先生が声の性質(高さ、大きさ、広さ、切れ味、丸みなど)の違いを実演してくださって、声が変わると印象がガラっと変わる。
    使い分けがすごかった!
    芸を見てるみたいで面白かったです。

何より、自分の声の特徴と長所を教えてもらえて、声が少し好きになりました。

(結構誤解していた)

そして、発声で苦手な部分もわかりました。

そのトレーニング方法を教えていただけたので、あとはやるだけ。

できなかった分トレーニングしたら伸びる!

自分の声は可能性を秘めてる!

やるぞ~!!

 

 

僕の声の特徴

自分の声は通らないと思っていたのですが、質的には通りやすい声とのこと。

ただ、口をすぼめがちにするので、こもってしまって聴き取りずらくなる場合もある。

なにより、声を大きくしようとするとお腹から声がでなくなるみたい。

 

トレーニング方針

なので、これから行うメニューとしては、下のとおり。

  1. お腹から息を出す練習
    「すー」と息をだしきりお腹に力がはいった状態にする。
    そして、ゆるめると自然にお腹が膨らんで、空気が入ってくる。
    これを繰り返す。できるようになったら、それを早く繰り返す。「すっ」お腹ふくらむ「すっ」お腹ふくらむ「すっ」って感じです。

  2. 息に声をのせる練習
    「すー」の部分を「んー」や「あー」に変える。
    長くしようと思っても「あー」が12秒しかもたない。
    めざせ30秒!!

  3. 滑舌の練習(特に口をおおきく動かして)

  4. あくびをして、喉の奥を開いてからの発声練習
    (喉を使って発声練習をすると、すぐに喉を傷めるので腹から!!)

 

トレーニングをどう続けるか?

やる理由も、やることもわかりました。

あとはどうやって続けていくかです。

参加者の方に話を聴いてみると、毎日やることにトレーニングを組み込んでいる人が多かったです。(3回参加している方もいらした)

たとえば、

  • 車での通勤中に。滑舌や発声の練習をする
  • 眠るまえに家族と話すとき。
    (あおむけになると意識しなくても腹式呼吸になって、その状態で話すと腹から出す練習になるみたい)
  • 人に教えるときに
    (先生は今回のような講座をすること自体でトレーニングになっている)

 

僕が続けるために行うことは、こんな感じです。

  • 毎日行う目覚ましメニューの筋トレに組み込む。
  • 毎日通うことにした就労移行支援施設で、おなじように声に悩む人がいたから、教えてみる。
  • そして、できたら一緒にトレーニングしてみる。
  • 腹式呼吸ができるようになったら、普段の会話で一日一度は腹から声をだすことを意識してみる。

 

早速、昨日今日と朝の目覚ましメニューに組み込んでみました。

ちなみに、僕は朝5分ほど眠気を覚ましパフォーマンスをあげるため、軽い運動をしています。

一日一種、日替わりで行っています。

  1. 腹筋
  2. 腕立て
  3. スクワット
  4. 体幹トレーニング
  5. 懸垂

 

1日1セット(20秒筋トレ、10秒休憩)を4~8回。

最初は、今日は腕立て15回するなど、回数で管理していたのですが合わなかったのでやめました。

まず、よく数え忘れるし間違える(笑)

あと、何回がベストなのか?とか考えて、筋トレより本を読んで計画たてようとか先延ばししてしまいます。(笑)

で結局続きませんでした。

というわけで、今は20秒間でやれるだけやっています。

目を覚ますのが目的なので、回数はどうでもいいのです。

ちなみに、秒数管理はこういったアプリをつかうと楽です。

Runtastic Timer タバタ式トレーニングタイマー

Runtastic Timer タバタ式トレーニングタイマー

  • runtastic
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

話が脱線しました。。

というわけで、今日20秒間の腹式呼吸のトレーニングを4セット行いました。

 

かなり目がさめます!!

すがすがしくて、とっても気持ちいいです。

そして、なんだか人と話すのが楽しみになりました!

われながら単純ですね。(笑)

 

続けられそうです!!

 

 

まとめ

  • 声で印象は変わるし、行動も変わる。人生も変わるかも!?
  • 自分の声の特徴を知ると自分の声が好きになる。
  • トレーニングすると声はよくなるし、自分の声を好きになるし、自信もつく!(はずだから、試してみよう!)

 

自分の声が好きではない、自分に自信がない、勇気がでない。

そんなときは、ゆ~っくり息をはききって、身体の吸うままにまかせてみませんか?

リラックスもできるし、力が抜けて声がよくなります。

それだけでも、すごいですよね。

加えて、繰り返し行っていけば、自分の声を好きになるし自信もつく!と思います。

ためしてみませんか?


(100分 2500字)