ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

寝すぎて心苦しくてよかった。起きてやれたことに気づけた。

こんばんは。

今朝、夜行バスで東京から京都に帰ってきました。

とても学びの多い素晴らしい3日間でした。

 

しかし、疲れてたので、気づいたら寝てた&お昼まで寝すごすことに。。。

それが心苦しいです。

 

その苦しさを生み出している考えは、一言で言うと「色々やれていない」こと。

たとえば、

  • 陽転思考(よかった探し)の講義を受けていたが、その最後の授業として発表してきた。それが終わり陽転エデュケーターになれたことをブログに書きたい。講義を受けたことでどう変わったのか?とかもまとめたい。
  • また、他の人の発表から学んだこともまとめたいし、関係者にお礼を伝えたい。
  • 特に陽転思考を教えてくださった和田裕美さんにお礼のメールをしたい。

 

  • MAR I先生のヨガのレッスンで学んだことをブログにまとめたい。
  • 幸せな働き方についてインタビューに答えていただいけた。それをブログにまとめたい。

 

 

では、よかったことは?

  • やれていないことを整理するきっかけになっよかった。
  • やれていないことがある=意欲がある。やる気があってよかった。
  • やれてないことも多いかもしれないが、やれたこともある。
  • 今度行く大峯奥駈道縦走の計画を立てることができた。また、そのお陰で、塩沼阿闍梨の修行コースのとんでもなさが分かってよかった。
  • 帰ったらまず疲労度を確認して、60以上ならすぐ対策すると決められてよかった。また、確認のために家に帰った時に位置情報を使ってリマインダーされるよう、iPhoneを設定できてよかった。
  • ついでに、毎日7:30と8:00にアラームをかけることができてよかった。
  • 寝過ごすのが半日ですんでよかった。しっかり休めてよかった。
  • 体力を考えず詰め込もうとする自分を知れてよかった。

 

色々できてよかった!