ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

嫌な夢で早朝に目が覚めてよかった。自分の価値観と長所に気づいてわくわくした!

おはようございます。

 

嫌な夢で目を覚ますってことありませんか?

それが朝とも言えない早い時間ならなおさら。

「疲れてるのに寝させてよ!」って、さらに嫌な気持ちになるのも、仕方がないと思います。

 

夢の内容にショックを受ける。

そんな自分を責める。

外に出たくなくなる。やる気がなくなる。

嫌な夢みたし寝たくないけど結局一日寝込む。というか布団の中に引きこもる。

僕はそんな経験があります。

 

そんな風に嫌な気持ちを引きずっているのは、

なんだかもったいないし悲しいですよね。

 

今朝、夢によって4:30に起きました。

 

嫌な夢を見てしまったのは仕方がない。

辛く感じるのは仕方がない。

でも、辛いのはもうお腹いっぱい。

なにかよかったことはないかな?

そんな今日の内容です。

 

 

 

 

 

 

今朝の夢

今日は久しぶりに夢を見て、嫌な気分で起きました。

以前はよく見ていたんです。

↓この記事に少し書いてます。

  

awawa-min-ahaha.hatenablog.com

 

 

でも、今日はちょっと違いました。

それは、よかった探しをしてみたことです。

 

「嫌な夢をみて早朝に起こされて、よかった。」

「なんで?」

 

と自問自答。

 

すると、出てきました。

  • よかった探しの練習になった。
  • 早起きができた。眠いけど今日の夜はぐっすり眠れる。
  • 何かを学ぶきっかけになってよかった。
  • 自分の価値観を知るきっかけになってよかった。
  • 嫌な夢の対処方法の練習になった。大事な日の朝じゃなくてよかった。などなど。

 

そうやって続けていると大発見!!

なんと、嫌な感情の種類が違うんです!!

 

以前の僕の夢のパターンは、こんな感じです。

  1. 何か失敗する。もしくは失敗しそうになる。
    ・寝坊して遅刻する。
    ・締め切りの書類ができていない。

  2. 感情が生まれる。
    焦り、申し訳なさ、悲しさ、自責感。

  3. 夢から目がさめる。

 

ところが今日はこんな内容。

  1. 辞めたはずの会社に通勤する。

  2. 自分の机に、自分のとった打ち合わせメモが置いてある
    (清書していないノートの走り書き)

  3. その内容について上司が指摘
    ・とりかたがヘタ
    ・重要じゃない事ばっかりメモしているなど

  4. それについて僕が説明する。
    (自分の特性状そうなってしまうんです)

  5. 仕事のできる後輩と比較される。
    ・あいつはちゃんとできるぞ!
    ・あいつも意味がわかりませんねって言ってたぞ!

  6. そんなこと言われてもできない!と怒る!

  7. 夢から眼が覚める。

 

内容に突っ込みどころありますが、

よかったポイントは3つ。

  1. 自責の感情がほぼない!怒っている!
  2. 自分の特性を説明しようとしている!
  3. 対話をしようとしている!

 

 

自責がなく、怒りがある

自責がないってのは、僕の中でとっても大きいです。

長い間、自責グセがありましたので。

ほんとに凄いことだぞ、これは!!

えらい!!

 

そして、怒りの感情。

怒りも嫌な感情と捉えてたんですけど、今朝の夢でカウンセラーさんの話を思い出しました。

こんな内容です。

 

「怒りはとても良いこと。

感情に間違いはない。行動を少し間違っただけ。

だから感情に使われず、感情を使う」

 

この頃よく自分に言い聞かせてる「心から叫ぶこと、それをゆるすこと」はこの言葉の影響を受けていると思います。

 

さて、怒りのよいところは色々あります。

たとえば、

  • 怒りのおかげでエネルギーがわき、行動ができる。
  • 怒りがあるから、周りの環境を変えることができる。
  • 怒りがあるから、自分の価値観がわかる。

 

僕は他の人に対して怒ることがなかったので、

(というか気持ちを押さえつけて、疲れて、自分からフェードアウトする)

これも大きな変化だと思います。

 

 

夢からわかった自分の価値観と長所

せっかくなので怒りの感情を利用してみます。

今朝の夢で感情が動いたところは、

  • ミスを指摘されたこと
  • 後輩と比べられたこと

 

そこからわかる僕の価値観は、

  • 間違ってはいけない
  • 人より劣ってはいけない

 

そして、その価値観から生まれる長所があるとすると、

  • 間違ってはいけない
    正確性を求める。真面目。責任感がある。
  • 人より劣ってはいけない
    努力する。周りの人を観察するので、気がきく。

 

実際はどうあれ、そんな傾向がありうるって話です。

いや、そんな長所があると思う!

あるといいなぁ。

これから、気をつけてみよう。

 

ただ、僕はどちらかというと、その価値観が行き過ぎて辛くなるタイプ。

なので、程よくバランスを取っていきたいです。

これって、安定と快適!?

軸を作るって、こういうこと?

 

ヨガや杖道のとき思い出して、身につけよう!!

大切な事に気づけてよかったー!!

 

 

特性を説明しようとしている

これも大きな変化だと思います。

今までは、話をだまって聞くだけでした。

自分について説明するという行動をとれたのは凄い!!

えらい!!

ま、夢の中ですけど。笑

 

でも、夢とはいえ馬鹿になりません。

話を聞くだけだったのは、現実でも同じでした。

ウツで休職する前、会社の上司に

「俺が大きな声だすからって、はいはい言ってるんじゃないだろうな!?」

って指摘されたこともあります。

ちなみに、そのセリフも大声でした。

大声やめて!!

びくってなるから!!(笑)

 

 

今思うと、上司も上司なりになんとかしようと思ってくれてたんだなぁ。

ありがたい!

それに気づけてよかった!!

特性をきちんと説明できるように、説明書を作ろう!!

言い訳にならないよう、相手も得する説明の仕方を考えよう!!

そう思えてよかった!!

 

 

 

対話を試みた

おそらく以前なら、夢の中で自分の不備を指摘をされた時点で、嫌な感情によって目が覚めていたと思います。

それが、不備の要因となる特性を説明し、さらにコメントをもらえました。

少しでも前にすすめました。

対話をしようとしているのだと思います。

 

これも凄い!!

なんだか自信がでてきた!!

 

嫌な夢で目が覚めてよかった!

悪夢の対処方法が分かって、不安が減ってよかった!

寝るのがもっと楽しくなってよかった!

 

 

 

 

まとめ

  • 嫌な夢でも、よかった事は必ずある。

  • それを探すとほんのすこしでも楽しくなる。
    少なくとも嫌な気持ちからはじまる悪循環を減らすことはできる。

  • 嫌な夢から自分の価値観と長所がわかる。

  • なので、嫌な夢をみても全然問題ない!!

 

 

「夢で嫌な気持ちになった」

そんなときこそ、その不快な感情を使い倒してやりましょう。

自分の価値感や長所に気づき、わくわくし、素敵な1日になるかもしれません。

 

「嫌な夢をみてよかった」

まずは、そうつぶやいてみませんか?