ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

記事にしたい内容がまとまらなくて、よかった。タイマーをかけることと1000字で終わらせる決意ができた!

こんばんは。

昨日は記事のテーマが決まらず時間ばかりすぎると悩んでいました。

awawa-min-ahaha.hatenablog.com

 

 

今回は対策の結果、テーマをすぐ決めることができ、記事作成に取り掛かることができました。

よかった、成長してる!

 

しかし、気づくと文字数が3千をこえ、ぼやけた文章に。

しかも、書きたいことの半分も終わっていない。。。

 

昨日決めた方針が守られていないいじゃないか!

致命的なのが、タイマーかけていないこと。

30分で区切りながら行うはずが、5時間以上も通してやっている。

お腹すいたし、ふらふらだ。

明日も早いのに。

落ち込んできたので、記事の内容をよかった探しに変えました。 

 

 

よかった探し

よかった、タイマーかけてなくて。

書き終わらなかったが、記事作成を通して学ぶことができた!

その分少しは記事の質はあがっているはず!

書きたいことがたくさんあると確認できてよかった!

書きながら調べて新しい知識を得る事ができてよかった!

やりたいことがたくさんあってよかった!

ごはんも忘れるくらい楽しめてよかった!

そして、日が変わる前に気づけてよかった!

寝不足で体調崩す前に気づけてよかった!

就職前に体調管理の練習ができてよかった!

今日でよかった!

 

対策

方針としては、昨日も書いたけど、

  1. アラームをかけること。
  2. 1000字に抑えるように書くこと。

実行するために

  • パソコンのキーボードにタイマーの付箋を貼る
  • この記事のタイトルにメッセージをこめる
  • もう一度1000字に抑える理由を考えてみて納得する
  • 注意してもらうように家族に頼む