ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

記事のテーマが決められなくて、よかった!まずは60点を目指そう

記事のテーマが決められない

皆さん、ブログに何を書こうか、迷ってしまうことありませんか?

そんな方は、もしかしたら、以下のような悩みをかかえているかもしれません。

  • あれもやりたい、これもやりたい、どれがいいの?と悩む
  • 書きはじめるまでに時間がかかる
  • 迷ってエネルギーを使ったのか、書き出す前に疲労こんぱい
  • いざ、書きはじめても、途中で内容を変えてしまう
  • そんな自分を責めて落ち込む。

僕によくあることです。

昨日は、落ち込みの感情に60%ほど支配されていました。

そこで、よかった探しで自由をとりもどし、対策を実施。

おかげで記事を更新できました。

 

今日の内容です。

 

 

 

決断力のなさが問題だ

僕の場合は決断力がないのが問題です。

その対策としては、以下があげられると思います。

  1. 内容を決める判断基準を明確にする
  2. 60点の出来をめざす
  3. 制限時間を設ける
  4. テーマを固定する

 

それぞれの具体的なアクションは下の表に。

これで、時間とエネルギーをわくわくすることにつぎ込める!

 

 対策と具体的な行動

迷うことへの対策 具体的な行動
1.判断基準を明確にする

・テーマの選定の基準を作り確認

ブログ更新の目的を参考に作成する。

2.60点の完成度をめざす

・作成前に60点とつぶやく

1の基準を満たしていたら何を書いてもためになる。

完璧なテーマにしようとするから迷う。

・1記事1000字程度

簡潔に書く。

完璧にしようと言葉を足すと長くなる。

書いている途中に迷うし、最後には話が変わる。

 

3.制限時間を設ける

・10分と30分のアラームを設定

記事のテーマを10分で決める。

記事作成中、別のことに脱線する場合が多い。

30分ごとにタイマーをかけ集中する。

30分×3で記事作成を完了させる。

4.テーマを固定する

・テーマをあらかじめ固定

よかった探しを試した効果、学んだ事や気づいた事。

よかった探しが習慣になるまで、21日間続ける。

 

完璧思考をゆるめために、まずは60点をめざす

今回特によかったことは、完璧思考に気付き、早めに対策をとったことです。

完璧思考自体は大変有効です。

質の高い仕事を生むし、ミスも少なくなります。

しかし、度がすぎると、何もできなくなったり、過度の自責につながります。

 

今回を例にすると、

  1. 完璧をめざして、テーマを考える
  2. どのテーマも欠点が見つかり100点にならず、決まらない
  3. エネルギーをつかいはたし、集中できない
  4. ブログを更新できない
  5. 自分を責める

100点を目指すと、どうしても欠点探しになる傾向にあります。

欠点を埋める行動を起こせばいいのですが、傷つきやすい僕なんかはへこんでしまい、前に進むことができません。

 

実際は、何を書いても自分のためになります。

基準を作ったのならなおさらです。

できているところ、よいところを加算していきましょう。

60点もとれれば、上出来。

 

まずは、できている所をさがしてみませんか?