ADHDの暮らしを愉しむ108の方法

ADHDやウツによる苦しさ(感情)と生きづらさ(環境)をおもいっきり楽しむ!その試行錯誤の記録です。

落ち込んだ20分こそ未来への布石!ワクワクの好循環を選ぶ方法

こんにちは。

落ち込んでいましたが、

そのおかげで、おすすめの対応策をまとめることができました。

よかった~

 

早速ですが、本日の内容です。

 

 

さて、昨日までの状態は、

 

ブログ更新ならず、また先延ばし

記事の内容がまとまらず、時間ばかりすぎて焦ってました。

そうすると、関係ないことを色々考えてしまい、さらに焦ってしまいます。

たとえば、

  • 何も成長していないのではないか?
  • このまま変わらないのか?
  • 自分はいつも目標達成できない。
  • 役立たずだ。

書いていて、また、落ち込んできました。

このままだと、自責 ⇒ やる気減少 ⇒ 失敗 ⇒ 自責という負のスパイラルに乗ってしまいそうです。

そこで、以前まとめた「よかった探し」を実際に行い気持ちを切り替えてみます。

 

awawa-min-ahaha.hatenablog.com

 

よかった探し

何それ?

前述した記事の内容をまとめると、こんな感じです。

 ・「よかった、先延ばしをして」とつぶやくと、先延ばしの悪循環を断ち切ることができる

・先延ばしの部分を変えると、様々な場面で使える

・つぶやいても苦しい時は、よかった事をノートに書き出す 

つぶやくだけで、ましになります。

僕の場合、口に出すだけでは苦しさが残っている事が多いので、メモ帳に記入しています。

しかし、字が汚いことと何をどこに書いたのかわからなくなるのがネック。

そこで、いつでも見直せるようにブログにすることを試してみます。

気持ちの切り替えの手際が良くなることを期待。

いつか、つぶやくだけでできるようになるといいなぁ。

  

よかった、ブログ更新を先延ばしして

感情:落胆、感情の強さ:60(100が最高につらい状態)

  • 気持ちを切り替える練習になった。
  • もっとひどい落ち込みに備えて、よい面を探すことを習慣化しようと思えた。
  • 最悪の事態ではないと気付けた。まだあわてるような時間じゃない。
  • 書きたい記事の案を沢山出すことはできた。
  • 自分の気持ちや考えを少しだが整理することはできた。
  • 「正しく書かなくてはいけない」という思考が、ブレーキになっているのでは?と気づけた。
  • 気分転換に聴いたMr.Children「HANABI」に感動できてよかった。言葉に詰まってブログかけなくてよかった。落ち込んだままではなく、気分を変えようと思えてよかった。悪循環を止めて望む未来を選ぼうと思えてよかった。
  • 考えすぎで言葉に詰まる 自分の不器用さが嫌い
    でも妙に器用に立ち振る舞う自分は それ以上に嫌い
    笑っていても 泣いて過ごしても平等に時は流れる
    未来が僕らを呼んでいる その声は今君にも聞こえていますか?


    Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live

 

感情:落胆、感情の強さ:20(100が最高につらい状態)

使用時間:20分

 

ワクワクのスパイラルを選ぶ

結果、落胆という感情を減らすことができました。

ポイントは、心に余裕が生じることだと考えています。

 

今まで

落ち込んだり自分を責めているとき、つい悪い所ばかりに目がいきがちです。

すると、ネガティブな思考に傾き、望まない感情(落胆、不安など)に飲まれることに。

そうなると、行動も変わりどんどん悪い方に向かっていきます。

 

 

対策

よかったとつぶやくだけで、

もしくは、よかったことを書くためのペンを探すだけでも、

頭を占めていた対象から少しでも離れることができます。

この時点でも、ほんの少し心が落ち着きます。

(わかりにくいかもしれませんが、よかったら今度観察してみてください)

 

さらに、集中的にプラスを探すことにより、

「最悪ではない」「良い面もある」と気づき、ますます心に余裕が生まれます。

 

次第に、ネガティブに傾いていていた思考もバランスを取り戻し、冷静に判断できる状態に。

 

最終的には、下の2つから選ぶことができるようになります。

  • 悪い面に注目し、嫌な感情になって、悪循環におちいるか?
  • 良い面に注目し、嬉しいワクワクした気持ちになって、幸せになる好循環を作るか?

そうなると、「よかったを探す=幸せな未来を選ぶ」、ともいえます。 

 

 

では、どんな未来にしたいですか?

目のくらむような世界が呼びかけているかもしれません。

顔をあげ、こころの声に耳をすましてみませんか?



ADHDの暮らしを楽しむ108の方法 その2

「落ち込んだ状態をよかった探しで楽しむ」